ENJOYBINARY

営業日について

ご注文は24時間365日お受けしております。
店舗へのお問合せは、下記の時間帯にお願いいたします。
平日:午前9時~午後18時
※土日祝日はお休みをいただいております。
黒染染一筋の伝統工芸士が染める喪服の最高傑作皇室献上絹使用 喪服 冬用 八掛、胴裏附属最高級喪服のロングセラーシボ少なめの上品喪服

黒染染一筋の伝統工芸士が染める喪服の最高傑作皇室献上絹使用 喪服 冬用 八掛、胴裏附属最高級喪服のロングセラーシボ少なめの上品喪服

  • モデル: 390a09a2318d8ffb
55,200円(税込)
個数:

商品情報

紋付の最高峰
 新しい技術を追い求める反面、永年の歴史のなかで育まれた伝統的な技術を頑なに守りつづけることも我々の役割です。時代を乗り越えて今に伝わるものには、科学では判らない力を持っています。そして、人の持つ経験と勘も数字では、測ることの出来ない力を持っています。
 生地何gに対して染料何gという数字では、ある一線を越えることは出来ません。越えることができるのは、人の力のみです。そして、これはそういった人と歴史が産み出した最高の紋付といえます。

皇室献上生地使用

 生地は、伝統的な二越縮緬の技術を用い、シボが低く落ち着いた爽やか感じの風合いでさらっとした感触です。
 上品な美しさと体に吸い付くような着心地の良さを実感できるに違いありません。また、皇室への献上品として宮内庁に献上された生地でもあります。

右 当時の写真

烏の濡れ羽色

 京都盆地は、むかし、湖底でした。そのためにこの地には無尽蔵の地下水が湧き出て、山紫水明の町を作り出したといわれます。その中でも京都の水の源とされる神泉苑の近く陽成院跡に位置する地の名水を使って染め上げています。京都の御池通の名称は、神泉苑に由来します。
 染め方は、古代泥染です。大島紬の染め技法です。天智天皇の頃から、行われていたといい、古い書物によると,木の皮で染めた衣服を洗濯するため、田園の水に浸して置いたところ、落ち着いた色合いに染まったということから始まったと伝えられています。
 植物染料に含まれるタンニン酸と泥水に含まれている鉄分とが化合して絹繊維にタンニン鉄が形成されて、独特の渋い深みの在る茶色に染まります。また、糸はふっくらとした味わいとなり、シワがよりにくくなります。


 染料となる植物は、テーチ木です。まずテーチ木(車輪梅)の幹と根を小さく割り、大きな釜で数時間煎じます。こうして出来た茶褐色の液汁で染めます。繰り返して染めるうち、テーチ木のタンニン酸によって糸はしだいに赤褐色に変っていきます。テーチ木の液汁で染められた生地は、泥染めをします。

次にまた、テーチ木で染めて、また、泥で染めるという繰返しでテーチ木のタンニン酸と泥の鉄分とが化合して、糸はやわらかくこなされ、決して化学染料だけでは合成し得ない独特の色調に染めあがるのです。

 絹の黒染めは表面の光沢からなかなか真黒に染め上げるのは困難とされていますが、古人の知恵により”烏の濡れ羽色”のような黒を実現しています。

◇商品名

皇室献上絹使用 喪服 
◇商品内容
・表地 丹後産変二越縮緬 絹100% 1反
1000g(生地巾37.5cm×16m:共八掛)
・胴裏 福井産正絹羽二重地 1枚 

新光黒染
◇生地品質
最高級皇室献上絹使用の喪服としては最高クラスの生地です
◇色目

申し分のない黒色。日本人の肌に合いやすい茶味の黒です。

◇注記

在庫切れの場合は、受注製作をいたします。2-3週間のお時間を頂戴いたします。

関連商品